アラウンド60の おたく日報

アラウンド60歳の著者が、おたく的な内容を綴ってまいります。
ブログランキングに参加しています。励みになりますので投票頂ければ幸いです。右のバーを下へたどっていくと投票クリックするところがあります。スマホの方は、PC版でご覧ください。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
PR
ARCHIVES
.
.
.
.
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
名乗り中に攻撃を受けないのは、グローバルスタンダード化?

 ハリウッド版のパワーレンジャーの映画が作られました。
 すっかりワールドワイドなヒーローとなった日本のスーパー戦隊シリーズですが、20年以上前アメリカに行ったばかりの頃は、なかなか理解されない面がありました。


 そもそもなぜ5人もいるのか?
 最強ヒーローは1人だろということです。
 一神教のお国柄ですかね。


 なぜわざわざ時間をかけて名乗るのか。
 その間、敵に攻撃されちゃうだろということです。
 実際、日本は鎌倉時代の元寇の戦いのとき、いちいち名乗っていたのでやられてしまいました。
 でも、スーパー戦隊シリーズのモチーフは歌舞伎ですからね。
 白浪五人男ですよ。
 名乗る理由はカッコイイから。
 それだけです。
 今では、アメリカでもパワーレンジャーの名乗りが受け入れられているとのこと。
 その間、敵が攻撃してこないのもお約束。
 相手が名乗っている間は攻撃しないというのは、今やグローバルスタンダード化しつつあるのかもしれません。

- | 00:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
- | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.