アラウンド60の おたく日報

アラウンド60歳の著者が、おたく的な内容を綴ってまいります。
ブログランキングに参加しています。励みになりますので投票頂ければ幸いです。右のバーを下へたどっていくと投票クリックするところがあります。スマホの方は、PC版でご覧ください。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ARCHIVES
.
.
.
.
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
おもちゃを売りまくれ

 以前、仮面ライダービルドの隠しナンバーは10ではないかということを書いたのですが、番組を見ていると2という感じがしますね。
 なんだかWととても似ています。
 Wは2つのデザインが垂直に融合しているボディでしたが、ビルドは斜め。
 なんだか顔も似てますよね。


 ビルドを見ていて惹かれたのは、時計の文字盤でした。
 部屋の壁掛け時計と、主人公がしている腕時計。
 文字盤が、それぞれ計算式になっており、その解が1から12までを表すようになっています。
 パッと見、3×3のところが9であることは小学生でも分かりますが、後の数字はなかなか難しいですね。
 ネットで調べると、もうあちこちに解説を見つけることができますし、購入することもできるようです。
 今では番組放送開始とほぼ同時に玩具が買えるようになりました。


 米国では番組放送開始のかなり前から玩具が買えるそうで、また、番組に登場しない玩具が売られているのもオッケーなのだそうです。
 登場しない玩具で思い出したのが、イナズマンFのライジンゴー。
 イナズマンのときはまだ出ていましたが、Fになってからは劇中に全く登場しなくなりました。
 ストーリー展開上、必要が無いからです。
 でも、スポンサーのためにライジンゴーが売れなきゃならない。
 そこで、番組の最後にライジンゴーのプロモーション映像みたいなのをちょこっと流すようにしました。
 これが大当たり。
 ライジンゴーの玩具は売れまくったそうです。
 あの大口開けるデザイン。
 私はカッコイイとは思わず、欲しいと思ったことも無いのですが、他の多くの子どもたちは違ったのですね。


 あと、登場しない玩具といえば獣走馬。
 星獣戦隊ギンガマンの乗る馬です。
 実際、劇中に5頭の馬を毎回登場させるのはたいへんでしょう。
 それに時代劇ならともかく、設定は現代の現実の町。
 そこに馬を走らせるのは至難の業。
 馬糞の処理とかあるでしょう。
 獣走馬の登場は3回だけ。
 あとは、エンディング映像でだけの登場となりました。
 あの、獣走馬の玩具は売れていたんですかねーー?

 

- | 19:52 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
- | 19:52 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.